塾講師バイトの面接 現役塾講師のバイト指南

塾講師バイトの履歴書に志望動機を書く時のポイントって?

塾講師のバイトに応募すると、大体「面接に履歴書を持参してください」と
言われます。「志望動機を書いた方がいいのはわかるけど、
どういうことを書いたらいいんだろう。失敗はしたくないしな…」
と悩まれる方も多いのではないでしょうか。

本記事では現役塾講師の方から、塾講師のバイトの志望動機を
書く上でのポイントをお伺いしました。

スポンサーリンク

塾講師バイトの履歴書に志望動機を書く上でのポイントって?

まず、なぜ塾の仕事に就きたいのか、さまざまな理由があると思います。

「子どもが好き」、「教えることが好き」、「子どもの将来の役に立ちたい」、
「将来教育関係の仕事に就きたいから」、などがよくある例です。

どう書いたら好印象に繋がるのかな・・・。
色々と試行錯誤されることでしょう。

しかし、志望動機は、素直にこれらの理由で問題ないと思います。
なぜなら、変に飾ってしまうと面接の時に、メッキが剥がれてしまうからです。

あくまで履歴書に書いてあることは、面接時の参考資料に過ぎません。
自分の素直な気持ちを書いておくことで、面接の際にどのような方向から
質問をされても、自分の考えで答えることができると思います。
ですので、志望動機は自分が一番に思った理由で結構です。

しかし、それだけを書いていれば万事解決というわけではありません。
その志望動機に至るまでの、プロセスをしっかりと
考えていなくてはなりません。

「子どもが好きになった理由・過程」、「教えることが
好きになった理由・過程」まで考えなければなりません。

例えば、私自身がこの仕事に就きたかった動機は
「子どもたちの未来を変えることができるから」であり、
そう思うに至った理由が「自身が学生時代に勉強ができなかった時に、
学校ではなく塾の先生に助けられ、それが未来に繋がっているから」、
「自身も恩師のように、子どもたちの運命を、共に切り開きたいから」でした。

実際には、もっとたくさんの理由がありますが、
大まかな例としてはこのような形でいいかと思います。

あまり難しく考えすぎる必要はありません。
なぜ数多あるアルバイトの中から塾講師を選んだのか、一つ理由を絞ってください。
そこから芋づる式に、その理由に至る過程を掘っていけばよいのです。

苦手な方は、頭で考えるよりも、一度字で表した方がうまくいくはずです。
箇条書きでもいいので、思ったことを紙に書きつづっていって下さい。

最後に、私たちが求めている講師は、
➀教えることが好きな人➁学ぶことが好きな人
➂子どもの未来を考えて行動できる人です。

おそらく塾講師のアルバイトに興味をお持ちの方は
そのどれかに当てはまると思います。あとはそれについて
しっかりと考え、表現できればよい結果につながると思いますよ。

☆こちらの記事もおすすめです!☆
塾講師のバイトの面接でよく聞かれる質問は?

スポンサーリンク

★応募前に要チェック!

塾講師バイトに応募するなら、
採用お祝い金5000円〜10000円がもらえる
「マッハバイト」からがお得です♪
↓↓↓


↑↑↑
応募しようとしている塾がのっていたらラッキー♪♪

-塾講師バイトの面接, 現役塾講師のバイト指南
-

Copyright© 塾講師バイトの口コミ評判チャンネル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.